人気ブログランキング |

時限レポート

jigenmemo.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 16日

庭の恵み

今年は庭の蕗がよく繁りました
切り取って湯がいて皮をむき
うす味で炊いて春の香りを満喫しました

山椒は何度か苗を植えましたが
少し育つと何故か枯れていました

しかし今度の苗は良く育ち
今は手が届かないほどに育ちました
まず朝堀の筍で木の芽和えを楽しみます

今年は初めて花芽をつけました
花山椒の佃煮を貰ったことがありますが
花芽を摘むのは控えて実をつけるの待ち
沢山の山椒の実を摘みました

色んな料理に少し入れたり
ぬか漬けに混ぜたりして使いました

思わぬ庭の恵みに豊かな気分になりました


# by jigen-report | 2019-05-16 13:54 | 食事 | Comments(0)
2019年 05月 12日

きのう今日

長岡天神のほとりは今新緑がまぶしく
池の向こうに錦水亭が水面に映っています

年に一度の会合で筍尽しの料理を頂きます
木の芽和えや筍の刺身それにわか竹
筍ご飯で終わりました

筍の佃煮のお土産を下げて帰りました

今日はイタリアンでした
お昼のレストランを借り切って
わが家のシャンパンとワインを運び
ワインの会をしました

自家製の生ハムとアスパラのスパゲッティ
大きなビステッカは赤ワインによく合います

12人の参加者から豪華な花束を貰いました
これも年に一度の会でした


# by jigen-report | 2019-05-12 22:01 | 食事 | Comments(0)
2019年 05月 06日

クリムトの世界

これまでクリムトを見たことがなかったのですが
今回東京都美術館でまとめ見ることができました

クリムトは代表作の接吻やダナエなど
華麗な装飾と官能的な画家とされてきました

今回の目玉作品”ユデイト”もクリムトそのものでした

旧約聖書で敵将の首をとる彼女は
クラナッハやカラヴァッジョも描いています

クリムトのユデイトは首を手により官能的で
金箔の装飾に囲まれて恍惚とした表情です

ベートーヴェン・フリーズは複製でしたが
彼の才能があふれた素晴らしい作品で
抱擁する男女の足は緩く結ばれていました

公園広場のバザーなどの人波の中駅へ急ぎました




# by jigen-report | 2019-05-06 13:59 | 美術 | Comments(0)
2019年 05月 06日

白河の関

奥の細道で芭蕉が訪ねた白河の関は
新白河関駅からかなりの距離でした

遅咲きの八重桜や山の新緑に迎えられ
ひなびた森が白河の関でした

対の石造の狛犬の横に白河の関の石碑があり
鳥居をくぐって杉並木の石段を登り
古風な白河神社にお参りしました

能因法師などが詠んだ歌の石碑もあり
周囲の空堀の跡がかつての白河の関を偲ばせます

芭蕉はこの地で古歌に思いを巡らせますが
句を詠んでおらず去来の句があるのみです

卯の花をかざしに関の晴れ着かな

残念ながら卯の花は見れませんでしたが
陸奥の始まりの関所を訪ねることができました


# by jigen-report | 2019-05-06 08:46 | 紀行 | Comments(0)
2019年 05月 01日

ショパンコンクール

ショパンコンクールの映像を見ました

ピアノ調律師の立場からのものでしたが
演奏者たちの栄光と挫折に胸が熱くなりました

使われたピアノはスタインウエイやヤマハ
そして河合とイタリアのファツィオリで
日本の二社ががんばっていました

七十数人の応募者は一次予選から二次予選と
次第に少なくなってゆきます
お馴染みのショパンの名曲をたくさん聴きました

三十歳という年齢制限のみですが
アジア系が多い事にも驚きました

世界のひのき舞台で自分の才能を試す
若者たちの勇気と夢に共感しました

でも日本人の姿が少なかったのが残念です


# by jigen-report | 2019-05-01 14:51 | 芸能 | Comments(0)
2019年 04月 29日

鴨の雛たち

鴨川の朝の散歩で鴨の雛たちを見つけました

ニ三日前から雛を見かけた話は聞いていましたが
私たちは見つけることができなかったのです

母鳥の周りに11羽の小さな雛がいました
濃い褐色でにわとりの雛程の大きさです

でも見ている間に向こう岸に泳いでゆき
姿が見えなくなりました

そして今日も鳩たちが待っていました
空を飛んでこちらに向かってきます

腕に留まって掌から餌をついばむ鳩もいます
今日はカラスの勘太も待っていてカアとなきます
そのうちつがいの鴨も近寄ってきて
ちょっとした鳥の楽園の様です

鳥たちは仲間がいると安心するのですね


# by jigen-report | 2019-04-29 08:52 | 紀行 | Comments(0)
2019年 04月 20日

五島の旅その3

朝早くに島南西端の大瀬崎灯台に向かいます

東シナ海に伸びる岬の突端に白い灯台が見え
その下の断崖に白波が寄せています

近くの井持教会ではルルドの泉に参詣しました

そのあと北上し遣唐使ゆかりの白良ケ浜に着きます
この地で最後の風待ちをした遣唐使船は
遥か彼方の中国を目指し東シナ海へ船出しました

最澄や空海もここに足を記したといわれています

旅の終わりに訪ねた堂ヶ島教会には
隠れキリシタンの資料が展示されていました

39人乗りのプロペラ機は無事に離陸し
充実した島めぐり教会めぐりの旅を終わりました



# by jigen-report | 2019-04-20 09:23 | 紀行 | Comments(0)
2019年 04月 20日

五島の旅その2

翌朝は素晴らしい快晴で部屋の窓からは
東シナ海の水平線が見えます

近くの教会まで歩くと鴬の声が聞こえます

最初の目的地頭ケ島天主堂へ向かいます
石造りの教会堂は古武士の佇まいで
近くには十字架のキリシタン墓地がありました

船で海上からキリシタンの洞窟を見ました
年に一度信徒たちのミサが行われるそうです

次の島では重要文化財の江上天主堂を訪ねます
板張りの白壁に青い窓枠の清楚な建物です

次の島では同じく重要文化財の五輪教会堂で
内陣では幼子を抱くマリア像に迎えられました

夕刻に五島南端の福江島のホテルに着きました




# by jigen-report | 2019-04-20 09:04 | 紀行 | Comments(0)
2019年 04月 20日

五島の旅その1

隠れキリシタンの五島列島に行きました
世界遺産の教会群も楽しみでした

でも長崎空港で五島は霧のため欠航と聞きました

添乗さんの素早い対応でバスで長崎大波止に行き
高速船で霧雨の海を渡り上五島の港に着きました

ここで待つバスで島北端のホテルに向かいます
鏡のような内海に影を写す教会があり
五島なまりのバスガイドの声が優しく響きます

暗くなって着いたホテルマルゲリータは
山の中腹に建つ欧風の瀟洒な佇まいでした

レストランの夕食はイタリアンで
今日のハプニングとその成功を祝って
イタリアの赤と白のワインで乾杯しました


# by jigen-report | 2019-04-20 08:47 | 紀行 | Comments(0)
2019年 04月 13日

金子みすゞの歌

珍しく仏教クラブの集まりで
金子みすゞの歌を聞きました

ギターの伴奏で次々と歌われる歌は
お馴染みの”星とタンポポ”や”大漁”など

見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

ギターの響きが胸に迫ってきます

”私と小鳥と鈴と”は教科書にも載ったそうです

鈴と小鳥とそれから私
みんなちがってみんないい

大乗仏教の教えそのものですね

夭折した金子みすゞを偲びました


# by jigen-report | 2019-04-13 08:48 | 芸能 | Comments(0)