「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 22日

宮古島で

宮古島ブルーを味わいに行きました

期待通りの緑がかった淡いブルーの海が
部屋のバルコニーの向こうに広がっていました

白砂の浜辺を歩いて小さな貝殻を拾いました
桟橋にはクルーズの船がとまっています

翌日は青空のもと車を頼んで島を廻りました
伊良部島の長い橋の左右も淡いブルーの海です

夜は島唄を聞きながらステーキやお寿司
オリオンビールがよく合いました

南国の花や樹々の中の散歩も良い思い出です
[PR]

# by jigen-report | 2017-02-22 19:58 | 紀行
2017年 02月 17日

伊吹山へ

新幹線で米原を過ぎると車窓から見える
伊吹山の雄大な姿がいつも楽しみで
雪を頂く姿を描きたいと思っていました

雪が降ってよく晴れた朝に新幹線で米原へ着き
そこから在来線で伊吹に接近しました

一つ目の駅で描き二つ目の駅で描き三つ目の駅で描き
いくつかの表情の雪の伊吹山のスケッチが出来上がりました

東征の帰りここ伊吹山で命が尽きたヤマトタケルが
望郷の歌を詠んだところでもあります

氷を踏んで転んだり寒さで手がかじかんだりしましたが
長年の夢がかなった一日でした
[PR]

# by jigen-report | 2017-02-17 20:55 | 紀行
2017年 02月 06日

和楽器の午後

琴と尺八それに三味線など
和楽器の演奏の午後でした

初めに豪華なフレンチとワインを頂きました
ホテルの大広間はぎっしりとテーブルが並び
何人もの友人に会うことが出来ました

あとは次々と和楽器の演奏と歌が始まり
琴や尺八のダイナミックな音色に驚きます

古典に安住せずに新しい伝統を作る意欲
どの世界にも若い人たちの活躍があるのを見て
これからの日本が少し楽しみになりました

すっかり暮れた街を通って帰宅しました
[PR]

# by jigen-report | 2017-02-06 11:38 | 芸能
2017年 01月 31日

ふぐ日和

久しぶりのフグでした
幸い雪模様のフグ日和です

豊後水道からのトラフグで
うす造りや焼きフグそしててっちりと
ヌル燗のお酒が進みます

来てくれた舞妓さんはいずれもほぼすっぴんで
普段着風の着物と割れしのぶの髪が新鮮です

あとはいつものお店のカラオケで
初めて聞く若い世代の歌の数々

いつもより遅い夜を過ごしました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-31 16:53 | 食事
2017年 01月 27日

映画・沈黙

原作は以前に読んで残酷な場面があるので
それを映像化した映画は見たくなかったのです
でも成り行きで映画を見て分かったことがあります

宣教師たちが命がけで日本に来たのは
キリスト教を広める使命感からでしょうが
でも植民地化の野望の手先という見方もあります

それを察知した幕府は徹底した禁教政策を取ります
でも民衆は死を覚悟して信仰を守ります
民衆の苦しみを救うのはキリスト教であり
仏教は人々の救いにはならなかったのでしょう

残酷なシーンを除けば台湾ロケの映像は美しく
日本の俳優さんの上手さが目立ちました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-27 20:51 | 芸能
2017年 01月 25日

東洋陶磁美術館で

久しぶりの東洋陶磁美術館でした

台北の故宮博物院からの名品展で
世界に6個しかない北宋汝窯青磁水仙盆の展示です

中国で尊ばれる玉を焼き物で再現しようとし
雨過天青と呼ばれる雨後の青空も目指したようです

端正な盆の造形に深い青磁の色がマッチして
乾隆帝が賞玩した訳が分かりました

それにしても故宮博物院は東洋美術の宝庫ですね
二つの中国を認めないのはこの名品のためでしょうか

期待にそぐわぬ名品に出会えました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-25 09:48 | 陶芸
2017年 01月 19日

楽茶碗展で

楽家代々の茶碗展に行きました。
はじめは初代長次郎の楽茶碗です

でもどれもが本来の光沢を失い
見込みの中は黄褐色にかせていて
これではお茶を味えないと思いました

光悦の茶碗は個性的ですが衒いがなく
どれも魅力的でお茶を飲んでみたくなります

当代の茶碗もたくさん並んでいましたが
形や釉薬の色など自己主張が強く
利休が見たらきっと驚いたでしょう

ご子息の茶碗が楽家の未来を教えてくれました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-19 15:19 | 陶芸
2017年 01月 18日

この世界の片隅に

お正月明けにこの映画を見ました
娘に良い映画だったと勧められたのです

廃校になった学校の三階が会場でした
隅っこの硬い補助席でした

敗戦までの呉市のささやかな庶民生活でしたが
私たちには経験済みのことで興味が湧きません

この映画がキネマ旬報一位になったので驚きました

でも太平洋戦争は若い人には歴史なのですね
私たちの世代が西南戦争や日露戦争を見るように

戦争を知らない世代の映画なのだと思いました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-18 10:01 | 芸能
2017年 01月 16日

残すもの

この世に残せるものを考えてみました

人々の記憶がある限り人は死なないといいます
そうだとすれば誰でも記憶に残ることはできます

また子供や孫など子孫を残すことができますが
それができない人もいます

私の場合自分で書いた書物がいくつかあります
学術書もありますが趣味の本の方が残るでしょう

スケッチや焼き物はかなりたくさん人手に渡りました
それらが飾られたり使われたりして残ると嬉しいですね

これからもこの世に残せるものを心掛けたいです
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-16 17:53
2017年 01月 15日

最後の個展

最後の個展を京都駅の画廊でしました

これまでの作品で出来の良いもの
今回それらを全部並べました

壁面は油絵や旅先のスケッチ
庭に咲く花を写した色紙額も飾りました

6日間の来会者は340名で
予想以上の数に毎日の応対で疲れましたが
十数年ぶりの人もあって楽しい時でした

作品の大半はお買い上げいただき淋しくなりますが
個展をやってよかったと思いました
[PR]

# by jigen-report | 2017-01-15 21:10 | 陶芸