時限レポート

jigenmemo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 14日

河畔の鳥たち

鴨川の河畔は鳥たちの天国です
餌になる小魚や川藻があるためで
天敵が少ないこともあるでしょう

白鷺や青鷺は群れることなく孤独です
鳶は悠々と空を舞っています

狩りの名人の川鵜は
時々羽を大きく広げて乾かしています

ゆり鴎は北に帰りましたが
鴨は今子育ての最中です
今朝も小鴨を従えた母鳥を見かけました

久しぶりに鳩のアーチャンにも会いました
[PR]

# by jigen-report | 2017-06-14 07:45 | 紀行
2017年 06月 12日

観能

久しぶりの観世能楽堂でした
悲劇の将義経テーマのお能二つで
分かりやすい橋弁慶と鞍馬天狗でした

シテもワキも面をつけないので
セリフがよく聞こえます
手渡された謡曲詞章も参考になります

これまでの面をつけたくぐもったセリフでは
能のストーリーはほとんど理解できなかったのです

6歳と10歳の牛若丸役は成長が楽しみです
狂言の朗々たる台詞にも感嘆しました

このような芸能を支える人たちに感謝です
[PR]

# by jigen-report | 2017-06-12 09:02 | 芸能
2017年 06月 11日

春の旅ーその1

故郷の駅は大改装の真っただ中です
もう昔の面影は消えきれいな駅舎になるようです

通いなれた道でお墓に参り
自販機で買った水を墓石にたっぷりと掛けました

一年ぶりの蕎麦屋で〆張鶴をグラスで頂き
美味しい蕎麦と天ぷらでお酒がすすみました

小倉は若いころ一年過ごした懐かしい街です
ホテルフロント紹介のステーキハウスに行きました
紫川の向こうに小倉城が見えます

女性ソムリエお勧めの赤ワインも良かったです
あと夜の街をゆっくり歩いてホテルに帰りました
[PR]

# by jigen-report | 2017-06-11 08:54 | 紀行
2017年 06月 11日

春の旅ーその2

早朝に紫川を渡ると小倉城が正面です
八坂神社の会所は写経の場所です
あとは広間でお菓子とお茶を頂きました

懐かしい鎮西道場は小高い丘の上です
深い緑の中の昭和初期のどっしりとした建物です

ここで若者に交じって一柱香坐禅をしました
久しぶりに心が洗われるようでした

あとは接心会が終わる円了のお茶を頂き
みんなで肩を組んで団歌をうたいました

懇親会では差し入れのビールを沢山いただき
名物のかしわめしをお土産に新幹線に乗りました
[PR]

# by jigen-report | 2017-06-11 08:37 | 紀行
2017年 06月 11日

春の旅

朝一番のバスで博多から大宰府に向かいました
きれいに整備された都府楼跡で往時をしのび
傍の展示館で壮大な大宰府政庁の様子を知りました

観世音寺では優しく掌を合わせた阿弥陀様を拝みました
あと宝物殿で馬頭観音や十一面観音などに会いました

博多に戻りJR周船寺からは車で伊都博物館へ向かいます
途中古墳群の向こうに背振山が眺められました

人けのない博物館で膨大な鏡に驚きました
魏志倭人伝記載の王国がここにあったのですね

博多からは特急日輪で黒崎に帰りました
ホテルの窓からは長崎街道の松並木が見えました
[PR]

# by jigen-report | 2017-06-11 08:22 | 紀行
2017年 05月 30日

映画・人生タクシー

イランの映画はいつも終わりが不確かですが
人生タクシーもあとはどうなるのという感じです

監督自身がタクシードライバーになり
次々に乗ってくるお客との会話や出来事です

イランに旅行した経験ではお酒も制限されていて
映画でも自由が制限されていることへの不満が述べられ
イランでは上映禁止になったそうです

それにしてもどこまでが素人か俳優か分からず
監督の姪と称する美少女の演技は絶品でした

車の窃盗犯によるカメラの暗転で終わり
ハリウッド映画の対極にある映画でした
[PR]

# by jigen-report | 2017-05-30 11:52
2017年 05月 24日

鴨川をどり

いつもは都をどりですが今年は鴨川をどりでした
はじめに黒紋付の舞妓さんからお茶を頂きます

鴨川をどりは踊りではなく物語のある劇でした
美しい舞台でしたが外人さんに理解できたでしょうか
フィナーレの総踊りは流石に見事でした

夕食会には芸妓さんと舞妓さんも来てくれ
美味しい料理にお酒がすすみます

あと狭い先斗町の通りを下りましたが
外人さんばかりで異国の路地を歩くようです

お茶屋さんで遅くまでくつろぎましたが
京都はやはりエンターテイメントの都ですね
[PR]

# by jigen-report | 2017-05-24 18:10 | 芸能
2017年 05月 22日

ワインの会

ワインセラーから良いワインを選びました

赤は当たり年のロットシルドとオーパスワン
白はシャブリ・グランクルーとムルソー

13人のメンバーでまずオーパスワンで乾杯し
レストラン自家製の生ハムで白を味わい
あとはトスカナの赤と白が次々と空きます

豌豆のリゾットやキノコのパスタ

骨付き肉のビステッカの頃には
ロットシルドの香りがあたりに漂います

記念に30本のブルーのバラを頂きました
[PR]

# by jigen-report | 2017-05-22 18:07 | 食事
2017年 05月 20日

広島で

まず向かった広島美術館は緑の中でした
庭に立つマイヨールの裸像に迎えられます

美術館の四つの広間では名画か待ち受けています

第一室はルノワールのパリスの審判が目玉でしょう

第二室は名品ぞろいですがゴッホのドービニーの庭
このような作品が日本にあることに感謝します

第三室ではやはりピカソの息子の肖像でしょうか
そして第四室はモデイリアーニの男の肖像です

19階のホテルの部屋からは眼下に美術館が
その向こうには広島城の天守閣が望めました
[PR]

# by jigen-report | 2017-05-20 14:22 | 紀行
2017年 05月 17日

安曇野の春・その2

早朝にホテルを出て白馬大橋へ向かい
松川の彼方の雄大な白馬三山に嘆声を上げます

白馬岳と釈迦岳は雲が晴れ白馬槍は隠れています
周りは新緑の樹々が美しく桜も残っていました

帰りの大糸線でも雪を頂く山々を飽かず眺め
松本ではまずは松本城に向かいました
国宝といわれる端正な天守閣です

近くの料理屋に入り鰻を賞味しました
あとは駅に向かって松本の大通りを歩き
開運堂さんでいろいろお菓子を買いました

春の安曇野の旅を惜しみながら帰途に着きました
[PR]

# by jigen-report | 2017-05-17 15:03 | 紀行